生え際に効く育毛剤ランキング

生え際に効く育毛剤をオススメ順にランキングで紹介しています。

生え際に効く育毛剤 チャップアップ

育毛剤チャップアップの特徴

チャップアップは薄毛に悩むに方に非常に高い効果が期待できる育毛剤。(男女兼用!)

価格 6,000円(税込)(2本セット定期便)~
評価 評価5
備考
育毛剤チャップアップの評価

チャップアップは他の有名育毛剤と比較しても、配合されている有効成分の種類や容量で抜きんでており、さらにリーズナブルな料金設定も人気を博している理由となっています。厚生労働省の認可を受けている医薬部外品です。効果を感じられない時には全額返金も可能。顧客満足度97%。

 

生え際に効く育毛剤 BUBUKA

濃密育毛剤BUBKAの特徴

ブブカ育毛エキスは99%が有効成分でできています。厚生労働省認可医薬部外品です。

価格 11,664円(税込)(定期コース)~
評価 評価4.5
備考
濃密育毛剤BUBKAの評価

ブブカの有効成分は32種類。顧客満足度は92%。今なら初回購入者全員にブブカ育毛サプリメントもついてきます。

 

生え際に効く育毛剤 M-1ミスト

M-1育毛ミストの特徴

M-1育毛ミストは有名通販サイトでも口コミ人気ナンバー1に輝いたこともある育毛剤。累計販売本数は40万本を突破しています。(男女兼用♪)

価格 9,000円(税込)(定期コース)~
評価 評価4.5
備考 送料無料・今なら18%OFF
M-1育毛ミストの評価

M-1育毛ミストの販売件数が40万本を突破した理由は定期購入を続けているリピーターが多いから。当然、購入者が効果を感じなければ達成できない数字です。今なら全額返金キャンペーンも実施中です。

 

天然無添加育毛剤IQOS

生え際に効く育毛剤 IQOS

天然無添加育毛剤イクオスの特徴

IQOSは、圧倒的育毛力が魅力的な育毛剤です。リピート率97.5%)とお客様満足度も圧倒的!45日間の全額返金保証も魅力です。(男女兼用)

価格 6,800(税込)円(定期購入)~
評価 評価3.5
備考 送料無料
天然無添加育毛剤イクオスの評価

イクオスは、厚生労働省から医薬部外品の認可を受けている育毛剤。イクオスの全額返金保証制度は、1か月使用後に効果を実感できなかった時に、返金をしてもらえます。もちろん、商品を使った後でも構いません。ユーザーアンケートでは、効果を実感するまでの期間が短いとの評価を受けています。定期購入でも初回購入後の解約が可能です。

 

生え際に効く育毛剤のための基礎知識
AGAという言葉をご存じですか?

これは”Androgenetic Alopecia”の略で、「男性型脱毛症」を意味します。
文字通り、男性に特有の薄毛症状です。

 

男性の脱毛症は、20代~30代の「若年性脱毛症」と、40代~50代の「壮年性脱毛症」に区分されますが、いずれも最大の原因はDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンの一種です。

 

このDHTの働きで、毛髪の成長が妨げられるとともに脱落が促されるため、薄毛が進行するのです。
一本の髪の毛が生え始め、抜け落ちるまでには、一般に3~6年かかると言われます。

 

つまり普通なら、この成長サイクルの間、生え際の毛髪は伸び続けるはずなのですが、DHTが必要以上に増えると成長サイクルが短くなるという現象が起きます。

 

すると、まだまだ成長を続けるはずだった毛髪が、わずか数ヵ月~1年程度で抜け落ちてしまうのです。
ということは、抜け毛を引き起こすDHTを減らせば、効果的に薄毛を防ぐことができ、生え際の発毛を促進できるということになります。

 

最近の研究成果で、DHTは男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼと結合して生成されることが判明しました。

AGAに効く育毛剤が生まれました

こうしてついに、その結合を阻止し、DHTの生成を妨げる働きのある育毛剤や内服液が開発されました。

 

今や、抜け毛・薄毛は科学的な方法で阻止できるようになったのです。
抜け毛の根本的な原因となるDHTを減らすことが可能になった――これは画期的なことです。

 

生え変わる毛の健やかな成長を促せば、やがてAGAは改善するはず。
長年、多くの男性が悩んできた生え際の薄毛問題に、ようやく光が見えてきました!

髪の毛の周期と抜け毛の関係について

生え際に効くためには、どのようにすればよいかを、髪の毛の周期と抜け毛の関係から見ていきましょう。

 

髪が育つ周期は、退行期、休止期と言う期間があって、このような期間には髪が抜けることは普通の現象です。抜けた髪はもう生えることはないということはありませんし、また一定の期間が経過すれば、新しい髪がその場所から生えるようになっています。

 

髪は、根元は頭皮の深い所にありますので、普通、毛根と言われている場所は、髪が良い状態でいること、育つことにとても関係しているのです。髪の根元は頭皮の真皮よりもさらに深い場所にある皮下組織にまで行っていて、丸い感じになっているので、毛球部という名前になっています。

 

毛球部の先の方には、毛乳頭と言われている場所が存在していて、髪が育っていくのに欠かせない栄養が送られてくる重要な場所になっています。毛乳頭へ送られてきた栄養は、毛母細胞と呼ばれる細胞に形を変化させられて、細胞をどんどん分裂させていって、毛が育つのです。

 

このような順序で髪が育っていきます。毛乳頭は髪と栄養を結びつける場所で、ちゃんと働いていると、髪が抜けたとしても、何回も新しい髪が生えてくるようになっています。髪が抜ける症状、髪が薄くなる症状は、毛乳頭が何かの原因によってちゃんと働いていなくて、栄養が送られてこないことで毛母細胞を作る能力が落ちてしまっていると言えるでしょう。

 

では、毛が育つ周期のことを考えてみます。

 

毛は寿命がありますので、毛周期という毛が育つ周期によって何回も新しい髪が生えてきます。毛周期は、「成長期」という新しい髪が生えてきて育ってくる期間、「退行期」という育つ時期が終了する時期、「休止期」という髪が抜けて新しい髪が生えてくる期間が存在していて、普通は3年~6年くらい成長期になってから退行期に変わっていきます。

 

退行期は2週間~3週間くらいあって、退行期になると毛母細胞が分裂しなくなって、毛根が上に持ち上がってきて、毛乳頭から段々分離していって抜けるようにするように整えていきます。髪は休止期になると抜けますが、毛乳頭は皮下の部分に残っているので、新しく髪が生えるように整えています。

 

退行期、休止期になることで、髪が抜ける量が増加することも見られますが、髪が抜けているのが1日100本~150本くらいの量なら問題ありませんので、気にしなくても良いです。ですが、たくさん髪が抜ける人は、毛周期が何かの原因によっておかしくなっているか、栄養がちゃんと毛乳頭に届けられていないかもしれません。

 

歳をとったり、ストレスが溜まったり、ダイエットを無理してやっていたりすると、毛周期がおかしくなることもよくありますので、突然髪が抜ける量が増加した人は、生活のスタイルを改めることが必要になります。髪の周期を理解して、髪が抜ける、薄くなる症状を改善できるようにすると良いでしょう。

薄毛の遺伝について

薄毛の遺伝をしている人には、生え際に効く育毛剤は、効果がないのでしょう。考えてみましょう。

 

「薄毛は遺伝だから」抜け毛・薄毛にコンプレックスを持っている人ほど、このような言い訳を頻繁に口にします。

 

父親や祖父が禿げていたり、兄弟が薄毛で悩んでいたりすると、自分も同じ運命を辿るのだと信じ込んでしまう場合が珍しくありません。

 

しかし、薄毛を決定づけるのは遺伝的要素だけではありません。遺伝的要素はあくまでも原因の一つ。薄毛は多様な要因が複雑にからんで起こる症状なのです。

 

とはいえ、薄毛の家系というものは存在します。

 

ただしその場合、主に遺伝的要素によって一家が薄毛であるというより、薄毛を招くような皮膚のトラブルや食生活・生活習慣が、家族全員に共通していることが原因だと思われます。

 

抜け毛・薄毛の要因としては、毎日の食生活や生活習慣の占める割合が少なくないため、脱毛症の親や兄弟の食生活・生活習慣を踏襲していれば、同じ結果を招くことは十分に考えられます。

 

見方を変えれば、家族に脱毛症が見られるということは、食生活・生活習慣に問題があるのかもしれない、ということです。そう気づけば、早いうちにライフスタイルを見直すことができます。

 

さっそく問題点を洗い出し、生活改善に取り組めば、抜け毛が本格化する前に先手を打ったり、進行中の薄毛を食い止めたりすることができるでしょう。

 

実際、生活習慣を見直したことで薄毛が劇的に改善したケースも多々あります。

 

仮に薄毛の遺伝的要素が否定できない環境でも、食生活や生活習慣に十分な注意を払えば、「遺伝だから…」と諦めて何もしない場合と比べて大きな差が生まれるはずです。

 

何事も前向きに考えましょう!

生え際からの発毛の基本

生え際発毛のために気をつけたいこと。心掛けたいことについて、考えてみましょう。
最近では、薄毛対策を謳う各種の製品が出回っています。

 

育毛剤やサプリメントは手軽に利用できるとあって、男女の別なく様々な年齢層で幅広く受け入れられています。
しかし、こうした育毛剤やサプリメントには、基本的に即効性はありません。

 

たしかに抜け毛・薄毛に有効な成分は含まれていますが、効果が目に見えるまでには数ヵ月~半年ほど使用を継続する必要があります。
この点を理解していないと、本当は効果のある育毛剤やサプリメントを途中で投げ出してしまうことになります。

 

多くの場合、効果が感じられないのはその製品が「効かない」ためではなく、「効果がまだ発揮されていない」ためなのです。
次々に別の製品を試すことで、自分の肌や体に合ったものを見つけられるという一面もありますが、その手間暇をかける前に、自分の食生活や生活習慣に問題がないか見直すほうが、現実には近道かもしれません。

 

また、早く結果を出したいからといって、似たような育毛剤やサプリメントをいくつも重ねて使う人がいますが、これはおすすめできません。
育毛剤やサプリメントは、使用量が多ければよいというものではなく、適量を適切に使うことが大切です

 

そもそも、薄毛の直接の原因は抜け毛です。
その抜け毛の主な原因は、生活習慣の乱れやバランスの悪い食事。

 

これが抜け毛ではなく体調不良や病気の場合、多くの人が食生活や生活習慣を原因として疑うのですが、抜け毛と食生活・生活習慣の乱れはどうも結びつきにくいようです。
しかしこの二つは実際、切っても切り離せない関係にあります。

 

ストレスだらけのメチャクチャな生活を続けていると、それが髪の毛の健康状態に如実に反映されるのです。
もっとも、頭皮の炎症(痒み・湿疹など)が原因で毛が抜けることもあります。

 

こうした場合はむしろ、まず医師の診察を受けたほうがよいでしょう。
いずれにしても、生え際に効く育毛剤を活かすためには、頭皮を健やかな状態に保つことが大切です。

 

もう一度、生え際に効く育毛剤のおすすめランキングを確認するならこちらをクリック

生え際に効く育毛剤ランキング